2020年11月28日

症例.003 凸凹、非抜歯、10代、

治療概要

  1. タイプ   凸凹、叢生、
  2. 装置    マウスピース型矯正装置、顎間ゴム
  3. 治療方針  非抜歯、遠心移動
  4. 第2期治療  永久歯治療、本格治療、10代
  5. 治療期間  1年7ヶ月
  6. 料金    資料診断5万  矯正基本料金95万  処置料0〜5000円/毎回
  7. 来院回数  15回(2〜3ヶ月に1度の頻度)
  8. 保定装置  ラップアラウンドリテーナー

 

第2期治療開始時は、スペース不足によるデコボコと軽度の上顎前突の状態でした。非抜歯による治療です。下顎の前方成長が残っていると予測し、上の奥歯を後方に移動させ、前後的な問題を改善する治療計画です。仕上げのため、追加アライナーを装着開始しました。治療期間中を通して、MFT(ベロやお口の周りの筋肉のトレーニング、お口を閉じる練習、正しい嚥下の練習)を行っています。治療期間は、1年7ヶ月でした。治療終了し、歯列を維持をするためにリテーナー装着の大切さを理解していただき、現在も定期的に保定のチェックに来ていただいています。

*矯正治療のリスクと限界についてもご確認ください

 https://kamei-dc.jp/newstopic/1887/

*患者様より、症例掲載の許可を得ています。

初診時と終了時

スクリーンショット 2020-11-28 18.23.53

 

               

経過:マウスピース装着した状態のお写真、マウスピースを外した状態のお写真

スクリーンショット 2020-11-28 18.29.42