診療案内

審美・セラミック治療

自由診療は医療費控除が適用されます

医療費控除とは、自分自身や生計を共にする家族のために
医療費を支払った場合に受けられる、一定の金額の所得控除です。
歯科の自由診療は高価な材料を使用することが多く、
治療費が高額になる場合があるので医療費控除の対象となります。

詳しくはこちら
Counseling
お悩みを伺います

まず最初に、
患者さんのお悩みや希望を丁寧に伺います。

  • 審美的にご不満な点を
    教えてください
  • どの歯をどのように
    改善したいですか?
  • どのくらいの
    審美性を求めますか?
  • ご予算は
    どれくらいですか?

形にはまることの無い質問、ヒアリングで、
一方通行ではない、ご満足いただける治療を目指します。
気になっていることは、些細なことでもお話しください。

金属アレルギーについて
「金属アレルギーが心配」と言う方には、金属アレルギーを明らかにするために、パッチテストを行える皮膚科をご紹介しています。
※ 汗をかきやすい夏季には、検査を行いません。
Suggestions
治療法をご提案します

お口の状態や、最初に伺ったご要望をもとに、
歯科医師ならではの目線から
一人ひとりに合った治療法をご提案していきます。

患者様と一緒になって、最適な治療法を考えているからこそ、
以下のような臨機応変な対応・ご提案も可能です。
※症例やご要望によって、提案内容も異なります

Point
患者様の主訴を元に、その根本を改善できる最善の治療法をご提案していきます。
  • セラミックスの
    差し歯を入れたい…

    セラミックスではありませんが、
    保険治療の中にも白い材料が使用できる
    ケースがありますよ

  • まずはセラミックスの
    治療をお願いしたい…

    セラミックスでの処置前に、
    ホワイトニングをされると
    より良いですよ

  • 奥歯の銀歯を
    セラミックスにしたい…

    同じ予算であれば、
    他の歯(例えば、奥歯よりも前歯)に
    コストをかけるという選択肢もありますよ

患者様のご希望をふまえた上でお見積りを作成していきます。
ご契約が完了するまで、自由診療の治療は開始しませんので
ご安心ください。

Reason
自由診療で行う審美補綴

私たちがセラミックスを選択肢の一つとして
勧める理由はここにあります。

  • 01
    審美性に優れている

    光の透過性が高く、日光が当たるような明るい環境においても、自然な見た目が得られます。

  • 02
    生体にやさしい

    セラミックスは生体親和性が非常に高く、金属アレルギーが生じる心配もありません。また、金属の溶け出しによる歯や歯ぐきの変色も生じません。

  • 03
    デンタルプラーク(歯垢)が付着しにくい

    セラミックス表面にはデンタルプラークが付着しにくく、付着したプラークも除去しやすいため、衛生面を考慮しても、とても優れた材料といえます。

Other prosthesis
その他の補綴紹介
  • *
    インレー
    虫歯の治療などで、歯を少し削った後に歯に埋める詰め物です。
  • *
    アンレー
    インレーと同様の詰め物ですが、歯冠の大部分を削った際に覆うものを指します。
  • *
    オールジルコニア冠
    人工ダイヤモンドとも言われるジルコニアセラミックを使用する被せ物です。
Flow
セラミックス治療の流れ

治療のおおまかな流れを、実際の症例を参考にご紹介します。
※参考はジルコニアセラミックスクラウン(被せ物)の症例です

  • *
    初診
    検査を行い、審美要求の問診を行います。
    ここで、歯周病や虫歯が確認された場合は、歯周病や虫歯の治療(基本治療)を優先的に提案します。
    要求される審美改善が補綴的な問題でない場合は、それについて説明します。
    01
  • *
    基本治療・仮形成
    基本治療により、虫歯や歯周組織の炎症を改善し、補綴治療の見通しを立てます。
    本ケースでは、基本治療として、歯磨きについての説明・指導、歯石の除去、虫歯の治療 (歯内治療を含む)を行いました。
    02
  • *
    土台の築造・仮歯の型取り土台築造費 : ¥10,000/1歯(税別)
    *必要なケースのみ
    歯内治療を終えた前歯に、グラスファイバーと人工樹脂による土台の築造(*必要なケースのみ)を行います。
    次に歯を削り、仮歯を作成するための型取り(印象採得)を行います。
    この日は、次のご予約日まで使用していただく仮歯を作製・装着して帰宅していただきます。
    03
  • *
    仮歯の装着1回目のお支払い : ¥50,000/1歯(税別)
    セラミックス専門の技工士が作製した仮歯を装着します。仮歯を装着することで、最終的な補綴物(クラウン)の形態に見通しを立て、顔全体や口元との調和が得られるかどうかをチェックします。
    また、クラウンの厚さ(歯の削除量) が適切であるかどうかを確認する意味合いもあります。
    04
  • *

    *

    型取り、歯や口元の写真撮影2回目のお支払い : ¥65,000/1歯(税別)
    歯の土台の形の修正を行い、セラミックスクラウン作製のための型取り(印象採得)を行います。
    歯の色を記録するため、色見本を歯に添えて、口の中の写真を何枚も撮影します。
    仮歯が口元やお顔全体と調和しているかを確認し、スマイル時の顔写真撮影や、仮歯を装着した状態での 型取りなども行います。
    05
  • *

    *

    セラミックスクラウン装着
    完成したジルコニアセラミックスクラウンを口の中で調整し、仮接着し、経過を見ます。
    噛み合わせや、形や色を確認していただき、問題がなければ最終接着を行います。
    06

自由診療を行う日には、治療日毎に別途処置料 ¥3,000(税別)をご請求いたします

セラミックスクラウンによる補綴治療の
手順・費用と注意点
  • 上記の費用に、保険治療(歯周病治療、虫歯治療、歯内治療等)は含まれておりません。
  • 1歯のクラウン装着までにかかる治療回数は、何も問題が生じない場合で5〜6回です。
  • ジルコニアセラミックスクラウン1歯につき ¥115,000(税別)を、上記の通り【仮歯装着】と【型取り】時の2回に分けてお支払いいただきます。
  • 必要に応じて、土台(ファイバーコア:¥10,000/1歯(税別))築造をご提案します。
  • クラウン完成時に、色調調整を行うことがあります。
  • やむを得ない理由で、治療計画が変更になる場合があります。
  • 【5.型取り】〜【6.装着】の治療間隔は、原則的に約2週としています。患者さんの予約キャンセルなどにより4週以上経過すると、作製したクラウンが適切に装着できないことがあります。
    その場合は、再度【5.型取り】からの再開となりますので、【5.型取り】の費用をご請求いたします。
Case
治療例
  • case01
    *
    Before

    上顎の左右の中切歯(前歯2本)は、変色のある失活歯(神経のない歯)という状況です。
    上の「セラミックス治療の流れ」として上げた症例です。

    治療内容
    始めは歯周基本治療(口腔清掃指導、歯肉縁上や縁下の歯石除去)と臼歯部の治療に4ヶ月通院して頂きました。
    この期間に、患者さまから上顎前歯の自由診療希望の申し出があったため、その後、上顎前歯におけるセラミックス補綴処置(自由診療)やコンポジットレジン修復処置(保険診療)に移行しました。
    感染根管治療後、土台築造を行ってからジルコニアセラミックスクラウンをセット。
    *
    After 01
    *
    After 02
    • 通院回数
      7回(上顎6前歯の修復補綴治療に要した回数で、同部の保険診療、自由診療の4回を含む)
    • 通院期間
      5ヶ月
    • 合計費用
      自由診療の合計:¥262,000(税別)*処置料含む
      <内訳>
      ファイバーコア:¥10,000x2(税別)
      ジルコニアセラミックスクラウン(仮歯を含む):¥115,000x2(税別)
      処置料:¥3,000 × 4回(税別)
    • リスク・注意点
      • セラミックスクラウンは経年的な色調変化が少ない材料ですが、コンポジットレジンは色調変化の生じやすい材料です。数年経過すると、左右前歯の色調のコントラストが強調される可能性があります。また、コンポジットレジンは破損する可能性があります。
      • 不適切なブラッシング(歯磨き)により、歯肉退縮が生じる可能性があります。
  • case02
    *
    Before

    上顎の左右の中切歯(前歯2本)は幅径が大きく異なるだけでなく、右上3、右上2、左上1は変色のある失活歯(神経のない歯)、右上1、左上2、左上3は変色のない生活歯(神経のある歯)という状況です。
    患者さんの要望として、審美改善したいけれど、自由診療の予算はセラミッククラウン1歯分プラスアルファというケースです。

    治療内容
    失活歯である右上2・右上3は、歯の中に薬剤を入れて漂白する「ウォーキングブリーチング」を行った後に、コンポジットレジン充填。
    生活歯である右上1は、近心(左上1との接触点)のコンポジットレジン充填で、幅径を大きくして対応。
    生活歯である左上2も、コンポジットレジン充填。
    失活歯である左上1は、感染根管治療後に、ジルコニアセラミックスクラウンをセット。
    *
    After 01
    *
    After 02
    • 通院回数
      13回(保険診療含む)
    • 通院期間
      5か月(保険診療含む)
    • 合計費用
      自由診療の合計:¥183,000(税別)*処置料含む
      <内訳>
      ファイバーコア:¥10,000(税別)
      ジルコニアセラミックスクラウン(仮歯を含む):¥115,000(税別)
      ウォーキングブリーチング:¥5,000(税別) × 2歯 × 4回 = ¥40,000(税別)
      処置料:¥3,000(税別) × 6回
    • リスク・注意点
      • セラミックスクラウンは経年的な色調変化が少ない材料ですが、コンポジットレジンは色調変化の生じやすい材料です。数年経過すると、左右前歯の色調のコントラストが強調される可能性があります。また、コンポジットレジンは破損する可能性があります。
      • 不適切なブラッシング(歯磨き)により、歯肉退縮が生じる可能性があります。
      • このケースでは、失活歯の漂白(ウォーキングブリーチング)を計4回行い、ある程度の歯の明るさの改善が得られました。但し、ウォーキングブリーチングによる、歯の明るさ改善のい程度や、色の後戻りの程度には、個人差があります。
ページの先頭へ戻る