2019年4月5日

インビザライン矯正にiTeroスキャニング(デジタル3D 口腔内スキャナー)を導入しました

この度、マウスピース型矯正(インビザライン®)の診断・設計を、よりスムーズに行えるように、デジタル三次元口腔内スキャナー(新型iTero エレメント2®)を導入しました。

この新型3Dスキャナー(iTeroエレメント2®) は宇都宮 初導入です(^^)(写真1)。

 

85C4B31D-FB94-4DD8-BC7B-2D947169DD50

△写真1 デジタル三次元口腔内スキャナー(新型iTero エレメント2®):現在、マウスピース型矯正装置(インビザライン®)を使用した歯列矯正治療(歯並びの改善を行う治療)に活用出来るように、院内で準備を進めております。

 

そこで今回は、「3Dスキャナーを使用してどのようなことが出来るのか?」について解説したいと思います。

 

これまで、マウスピース型矯正(インビザライン®)を開始する際には、歯並び(歯列)の診断のため、デジタルX線写真撮影などと共に、シリコン印象材という粘土のような材料を使用して、歯列の型取りをしておりました。また、その型に石膏を流し込んで、歯列模型(石膏模型)を作製し、口の外で歯列の診断をしていた訳です。

従来の歯列の型取りでは、印象材(粘土のような材料)が硬化するまでの間、お口を閉じることが出来なかったり、印象材が喉の奥に流れ込んだり、またそれによって嘔吐反射を生じたり、患者さんにとって不快なことの多い処置でした。一方、3Dスキャナーでは、歯列を光学スキャニングしますので、口の中に、材料が入ることがなく、処置中にお口を閉じることも可能です(写真2)。お口を閉じた時は、その続きから、再度、スキャニングを行えば良い訳です。

 

つまり、患者さんにとって、より快適にマウスピース型矯正をスタートすることが出来るようになると思います。

 

itero3

△写真2 スキャニング中の様子:口の中でピカピカと光りながら、3Dスキャニングが進みます。

 

 

すでに海外では、3Dスキャナーによる光学スキャニングの導入事例が増えており、3Dスキャナーのスペックも日々進化をしてきました。今回、インビザライン®を提供しているアラインテクノロジー社から、スペックの向上した新型スキャナーが発売されたため、当院も導入を決めました。

 

7BD099F2-F07D-432F-8A19-E74F59A68503

△写真3 歯列のデジタルスキャニング画像

 

上下歯列のスキャニングを行うと共に、咬み合わせの型取りもデジタルで採得することができるため、デジタル処理により、上下歯列の咬合した画像がスキャナーに取り込まれます(写真3)。お口の中で、上下の歯列を別々にスキャニングした後に、噛んだ状態をスキャニングすると、上下歯列が咬合したデジタル画像が得られます。

また、これまではマウスピースを作製する技工所に、模型等を輸送していた訳ですが、これからは歯列データをクラウド(オンライン)上でやり取りすることができるため、輸送にかかる時間が削減され、患者さんの待ち時間の減少につながります。

という訳で、早期の運用開始に向けて、スタッフ一同、努力したいと思います。