診療案内

科学的根拠に基づいた世界標準で質の高い歯科医療
亀井歯科・矯正歯科では、長年の経験で培った治療技術に加え、日本歯周病学会認定・歯周病専門医、日本矯正歯科学会認定・認定医の資格を有する歯科医師が、小さなお子さまから大人の方まで、患者さま一人ひとりに最適な診療をご提供いたします。
お口のことでお悩みでしたら、まずは当院までお気軽にご相談ください。

小児歯科

お子さまの未来を守るための予防中心の小児歯科治療
小児歯科では、虫歯予防を中心に治療に取り組んでいます。
虫歯が進行してからの治療は痛みを伴う場合がありますが、予防処置には痛みを伴いません。
「歯医者さんは痛いから行きたくないところ」という悪いイメージが付いてしまうと、大人になってからも行きづらく、「痛くなってからようやく行く」→「治療で痛い思いをする」→「歯医者から足が遠のく」→「予防ケアが不十分なため痛くなる」…という悪循環に陥ってしまいます。

小児歯科診療風景

*

お子さまを歯医者嫌いな子にしないように、小さな頃から“痛くない”予防ケアを行い、「歯医者さんはお口の健康を守ってくれるところ」として積極的に通う習慣を身に付け、虫歯になりにくいお口の環境を作ることが、お子さまの未来の健康を守ることにもつながります。
また、乳歯が虫歯になると永久歯にも悪影響を与えるため、乳歯のうちから予防することを心がけましょう。

お子さまを虫歯から守る3つの方法
デンタルプラーク(歯垢)の除去
デンタルプラーク(歯垢)の除去

歯の表面に付着したプラークの除去を徹底することが重要です。年齢や歯列に適した歯ブラシ、歯間部清掃道具(デンタルフロス)を適切に使用しましょう。また、少なくとも就寝前には、大人が仕上げ磨きを行いましょう。

フッ化物の使用
フッ化物の使用

萌出した(生えた)ばかりの歯は、歯質そのものが脆弱です。フッ化物を使用し、歯質を強化しましょう。当院では、お子様の年齢や虫歯のリスクに応じたフッ素配合歯みがき剤をお勧めしております。

間食習慣の改善
間食習慣の改善

お砂糖の摂取回数(量ではなく回数)が増えると、虫歯の発生リスクが上がります。お砂糖の摂取回数や、歯に付着しやすい粘着性の高い間食の摂取制限をしましょう。また間食後は、歯みがきを行いましょう。

歯科医院での検査とクリーニング
歯科医院での検査とクリーニング

歯科医院での定期検査とクリーニングを受けましょう。

子どもの矯正治療

お子さまの出っ歯や受け口など、歯並びや咬み合わせで少しでも気になる点がありましたらお気軽に当院にご相談ください。来院されてすぐに矯正治療をスタートすることはありません。
まずはお口の状態を見せていただき、お子さまに適した治療プランや治療開始時期などについて、日本矯正歯科学会認定・認定医が分かりやすくご説明させていただきます。
詳しくは矯正歯科ページをご覧ください。

審美歯科

こんなお悩みをお持ちではありませんか?「歯を白くしたい」「被せ物や詰め物の変色が気になる」「銀歯が見えないようにしたい」「不揃いな前歯が気になる」「歯茎の黒ずみをなくしたい」

より美しく、健康な口元で最高の笑顔を引き出します
審美歯科とは、単に歯をきれいにするだけではなくだけでなく、歯茎との調和や咬み合わせを考慮した、見た目と機能性を重視した治療です。
PMTCとホームホワイトニングのセットや白い詰め物・被
せ物などで「歯を白くしたい」「歯並びを美しくしたい」「詰め物や被せ物をより自然に見せたい」といったご要望にお応えします。今まで様々な理由で笑顔に自信が持てなかった方へ。より素敵な人生を送るための第一歩を踏み出してみませんか。

*

歯肉炎を改善した後にジルコニア・セラミッククラウンをセット

ジルコニアで作製したフレームに陶材を築盛して仕上げた被せ物のことです。
強度が高いだけでなく、光の透過性も高いため、審美的にも優れています。

  • 治療前
    右上の前から2番目の歯の形や色が、周囲と
    調和していません。

    写真1

  • 歯肉の炎症を改善した後に、歯の土台や、
    隣の歯の色を、色見本で確認し、記録します。

    写真2

  • 口の中で、歯や土台の形を整えます。

    写真3

  • 歯(土台)の型を取り、模型を作製します。

    写真4

  • 治療完了
    模型上で作製した被せ物を、歯の土台に
    接着します。

    写真5

ホワイトニングで、もっと白く美しく

ホワイトニングとは、歯を削らずに専用の薬剤を使って白くする、自然の白さにこだわった審美治療です。エナメル質と象牙質の境界部分に蓄積した着色を漂白し、あなたの歯本来の白さを取り戻します。当院では、ホワイトニング効果を高めるためにまずは医院で歯のクリーニング「PMTC」を行い、その後ご自宅にてホワイトニングキットを用いた「ホームホワイトニング」を行っていただきます。

オパールエッセンス10%

REALITY Five Star Awardを連続受賞している、
厚生労働省の認可を受けた安心してお使いいただけるホームホワイトニングキットです。

*

歯周病治療

日本歯周病学会認定歯周病専門医による治療
歯周病とは、歯のまわりの組織(歯肉や歯槽骨など)の病気で、細菌によって引きおこされる感染症です。現在、30歳〜40歳代の80%以上が歯周病にかかっているといわれており、歯を失う一番の原因として、虫歯よりも多くの割合を占めています。
お口の中に細菌が定着すると、炎症が生じて歯茎が赤く腫れたりします。この炎症が続くと、歯の周りの組織(歯周組織)が破壊され、最終的には歯が抜け落ちてしまうのです。歯周病は1本の歯だけにとどまらず、お口の中全体に広がっていきます。

日本人の80%以上が歯周病です

歯石と歯垢がたまり歯槽骨で歯を支えられず歯はグラグラに…

歯周病は痛みがないまま静かに進行してくため、痛みを感じたときにはすでに重症になっている、という非常に恐ろしい病気です。
また、歯周病菌は口の中だけにとどまらず、血流にのって全身を回り、糖尿病・動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・早産などにも関与していることがわかってきています。
しかし、歯周病を深刻な病気ではないと考える方が多いのが現状です。

「歯周病は自分とは無縁」そう思っている方も!歯周病チェック
  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
  • 歯を磨いた時に血が出る。
  • 口臭が気になる。
  • 歯と歯の間に食べ物などが詰まりやすい。
  • 以前に比べて歯が長くなったような気がする。(歯茎が下がったように見える)
  • 歯がグラグラする。浮いているような気がする。
  • 歯茎が赤く腫れたり、膿が出る。
  • 硬いものを噛むと痛んだり、噛みにくい。

一つでも当てはまる方は、ぜひ一度歯科医院へお越しください!

歯周病の治療方法

専門医による質の高い治療で、歯周病の原因となる歯垢や歯石を、専用の器具を用いて除去(スケーリング・ルートプレーニング)していきます。進行した重度の歯周病には歯周外科手術を行うこともあります。
お口の環境を整えた後は、再び歯周病にならないように、ご自宅での毎日のケアや定期検診に通うなど、日々の予防を積み重ねることが重要です。
詳しくは予防歯科ページをご覧ください。

虫歯治療と歯内治療

歯を抜くことなくできるだけ残す保存治療
歯を失う主な原因は、虫歯(う蝕)による歯の崩壊や、虫歯が神経にまで達して起こる歯の根の病気、歯周病による歯周組織の破壊などがあります。
従来の虫歯治療は、虫歯になりそうな部分もあらかじめ大きく削るため痛みが伴いました。当院の保存治療ではできるだけ最小限に虫歯を削り、健康な歯を削ることはありませんので、痛みはほとんどありません。

虫歯治療風景

虫歯の原因とは?
  • 歯質と唾液
    歯質と唾液の量や性質は一人ひとり異なり、虫歯になりやすいかどうかを左右します。
  • 糖分の摂取
    間食が増えると口の中が酸性になり、虫歯になりやすい状態が続きます。
  • 細菌の繁殖
    糖分やタンパク質を分解して酸を排出し、歯のエナメル質などを溶かします。
  • *
  • *
  • *
虫歯はこうして進行します
  • 虫歯イメージ1
    歯の表面に虫歯が
    できます
  • *
  • 虫歯イメージ2
    虫歯が神経に近くなり、冷たいものがしみます
  • *
  • 虫歯イメージ3
    熱いものがしみて、ズキズキ痛みます
  • *
  • 虫歯イメージ4
    神経が死んでしまい、痛みを感じなくなります

歯歯内治療とは

歯内治療とは、文字通り「歯の内部の治療」のことです。虫歯が進行して歯の根の中の管(根管)に細菌感染を及ぼした場合、根管をきれいに掃除して感染物質を除去する必要があります。
根管は、いわば歯を支えるための土台です。土台である歯根がしっかりしていなければ、立派な被せ物を作ってもすぐに外れたり壊れたりしてしまいます。
根管の治療は、歯を長持ちさせるための大切な基礎工事なのです。

補綴治療

歯を失ってしまっても美味しく食事ができるように
補綴(ほてつ)治療とは、歯の一部や全部が無くなった場合に、その部分を修復して補うことです。
主にクラウン(被せ物)やブリッジによる歯冠補綴治療と、入れ歯による義歯補綴治療があります。
補修の種類によって保険適用と保険適用外(自費)のものがあります。お口の状態を確認し、ご希望に合わせて最適なプランをご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください。

*

クラウンとは?

虫歯の治療などで歯を削った後に被せる人工の歯のことで、一般的には「差し歯」や「被せ物」ともいいます。金属で作られたものや白くて目立たないようにレジン(プラスチック)で作られたもの、白さがほとんど天然の歯と見分けがつかないセラミック(陶器)で作られたものなど様々な種類があります。

  • クラウン施術イメージ1
    土台(コア)を立てる
  • *
  • クラウン施術イメージ2
    クラウンを被せる
  • *
  • クラウン施術イメージ3
    完成
ブリッジとは?

抜けた歯の両隣に健全な歯がある場合は、その歯を利用して橋を渡すようにダミーの歯を作って被せるのがブリッジです。入れ歯と比べると安定しているので、違和感が少なく天然の歯と同じように噛むことができます。

  • ブリッジ施術イメージ1
    隣接する歯を土台にする
  • *
  • ブリッジ施術イメージ2
    ブリッジを被せる
  • *
  • ブリッジ施術イメージ3
    完成
  • 生涯、自分の歯でいるために「予防歯科」
  • 認定医による安心の治療「矯正歯科」
  • 小児歯科
  • 審美歯科
  • 歯周病治療
  • 虫歯治療と歯内治療
  • 補綴治療
  • 保育士資格所有スタッフによる「無料託児」
  • NEWS
  • BLOG
  • スタッフ募集「歯科衛生士さん」「歯科助手・受付さん」「保育士さん」
ページの先頭へ戻る